自然環境への取り組み

◎2015年環境保護方針

関東平野の北に位置する大田原市は、北は那須連山、西に高原山系、東に八溝山系と緑豊かな山々に囲まれた那須野が原にあります。
幾多の困難を克服した先人により那須野が原は開墾され、日本三大疎水事業とされる那須疎水により箒川水系、那珂川水系からもたらされる豊富な水は肥沃な大地を育みました。大田原市は農業と工業の調和のとれた街であります。この様な環境の中で、私たちは出版と印刷ならびにコピーサービスを主な業務として事業活動をしております。
私たちは環境に優しい企業として事業活動を推進するため、法規制や業界の申し合わせ事項等の遵守および汚染の未然防止対策を進め、以下の項目について全員参加による環境保全活動を推進し、環境マネジメントシステムの継続的な向上を図ります。

1. 廃棄物の削減
・廃棄物の分別の徹底と適切な処理および削減を図る。
2. 廃液の適正管理による環境汚染防止の推進
・有機溶剤等化学物質の管理の徹底
3. 消費エネルギーの大半を占める使用電力量の削減
・事業活動のエネルギーの100%が電力であり、電気エネルギーを主体とする生産
設備とユーティリティー設備の効率的使用により省エネルギーを推進する。
4. QC活動による損紙率低減と不良品ゼロ運動の推進
5. 全員参加による環境取組運動の推進

この環境方針は一般の人にも入手できるようにします。

最高責任者
森本 敬三

iso14001_